2017年6月18日日曜日

Stripe Easy Pants

久々のレディースの投稿です。

縛って履くゴムウエストのパンツ。


太い紐を結びつけて、ハイウエストで履けばどこか異様な存在感があります。
この紐の太さがなんと言ってもチャームポイント。


(NAVY)

全体的に9分丈シルエットにしており、ゆったりとした見た目。



( BEIGE)


Price:\26,000+tax
Size:0,1
Qua:Cotton 98%
Polyurethane 2%


ポケットは前も後ろも生地続きのフラップを取り入れたミリタリーパンツの様なディテール。
加えて相性の良い釦を付け加えて高級感をプラス。


高密度織りの生地を使い、まるでメンズのスラックスの様な雰囲気とドレープ感を堪能できます。




レスカのサングラスを加え、どこか海へでも行きたくなる、マリンルック提案。


HS-ATTIREにてメンズも展開中。ユニセックスとして女性がメンズの物をオーバーサイズ気味に履くのもオススメです。

いや、なにせ自分もとても欲しいパンツの一つ。男女共に本当にオススメです。


嵐田

HAVERSACK

渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521





instagram/haversack.attire.equipment





HAVERSACK福岡店のブログはこちらになります。


2017年6月8日木曜日

Lace up Pullover shirts

Lady'sのブログはこちらになります。


メンズとレディースで展開中。

存在感抜群なレースアップシャツのご紹介です。





(White)


(Navy)

Price:16,000+TAX
Size:0,1
Qua:Cotton 88%
Linen 12%


レディースを中心に展開している生地は、パナマ織りといわれる縦糸と横糸を2本づつ
引き揃えて交互に繰り返す折方です。通気性と強度に優れ、耐久性も高い生地と言われサラッとした薄さと清涼感が特徴です。


この洋服の元ネタ、実はミリタリーでもワークでもなく、完全なレディースの企画で作った洋服。
それをメンズでも展開しました。

民族調な雰囲気。個人的にはとても好きな感じです。



直線的な全体のシルエット。ややテールが長いのも特徴。
服に密着感の無いように、全体的に大きい作りにしています。




各パーツを接合する折伏せ縫いは3mmに揃え、直線的なイメージを保ちます。


運動量と補強を意味するマチと、広い袖幅。



袖は7~8分袖で涼しげに。

インナーにはティーシャツやタンクトップをレイヤードをして好きなスタイルで演出をして下さい。




嵐田

HAVERSACK

渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521





instagram/haversack.attire.equipment

2017年5月26日金曜日

Short Sleeve Shirt


本日はシルエットの大きいシャツをご紹介します。




(Navy)


(Beige)


Price:16,000+TAX
Size:0,1
Qua:Cotton 100%




ボックス型のゆとりのあるシャツ。昨今のビックシルエットブームもさながら
サファリやミリタリーの要素を詰め込んだメンズライクな仕様。



肩はドロップショルダーにして、ポイントを少しずらしています。


並行に袖付され、広がりをみせて。

フロントのポケットもユーティリティーシャツならではのビックサイズ感。
合わさるフラップもデザインとして魅力的に写ります。

またそれに伴って、袖先の折り幅も5cmと大胆に。



小さめな襟は、ポケット、袖先のサイズ感とは対照的。デザインとしてメリハリが効きます。

上まで留めて、コンパクトにまとめてみてもあり。



(Navy)



(Orenge)


Price:¥18,000+TAX
Size:0,1
Qua:Cotton 60%
Linen 40%

ちなみに、盛夏のアイテムで同型の素材違いもご紹介。


生地はリネンコットンのもう少し薄い素材になります。柄はマドラスチェックに変えて。

ポップな夏の印象が強いシャツになりますので
この配色を生かしてコーディネートを楽しんでいただけます。



無地も、チェックも比翼になっており、カジュアルすぎず、フロントは意外にスッキリとしています。

ワイドパンツやショーツに是非合わせてください。







嵐田


渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521




HAVERSACK福岡店のブログはこちらになります。







2017年5月14日日曜日

Kurta shirts



Lady'sのブログはこちらになります。
本日はクルタシャツのご紹介です。

過去のアイテム紹介で度々登場してましたが、意外にも
まだブログのご紹介がございませんでした。



数種類ご用意がございます。


Price:\38,000+TAX
Size:Free



Price:¥24,000+TAX
Size:Free



Price:¥24,000+TAX
Size:Free



Price:¥24,000+TAX
Size:Free



Price:¥12,000+TAX
Size:Free

それぞれ、一点づつしか入荷していない代物。
主に現地の上流階級の人々が着るシャツだそうで、今ではなかなか
手に入らないそうです。
「クルタシャツとは」

クルタシャツとはパキスタン北部を中心とし、インド北部にまたがるバンジャブ地方で
着用されるチュニック型の上衣のことです。英語では「Kartah Shirt」(カーターシャツ)と言われ1970年代あたりにヒッピー風俗からファッション化されたアイテムとも言われています。

これと同種のアイテムでは「カフタン」と言われる長めのシャツアイテムがあり、
いずれもイスラム圏内の気温が高い、砂漠地帯に適応した洋服であります。

生地も手紡ぎ、手織りの生地を使用したカディーと言われるインド綿。
イギリスが植民地支配をしていた時代に生まれ、イギリスの機械手織り綿布に対する
抵抗手段として、ガンディーという人物がインド各地を歩き回り手織り
布によってインド人の自立を促したことで普及したといわれています。
機械で紡がれた糸とは異なり、手で紡がれた糸は不均衡なため糸むら
により風を通しやすく涼しい、また吸湿性、速乾性にも優れ、冬は暖かいという
特徴があります。


とてもライト(軽い)な生地はまるで何も着ていない様な心地よさ。
さらっとして、着心地は最高です。
また素材だけではなく、その見た目のインパクトも強いクルタシャツ。
さまざまな刺繍や色が洋服に表現されています。







※こちらはATTIREの商品です。 


※同様
刺繍によって値段が変わり、アイテムによってはフロント、バックまでいたるところに刺繍を施しており、相当な時間を費やしたと思わされる細やかなハンドクラフト。
特に下記の写真のシャツは全面に刺繍が。








衣類の特徴は刺繍だけではありません。

両サイドに設けられた機能的なポケットはシャツ真横に位置し、手を入れると真下に入れられる形状になっています。
その理由は、ポケット内の物が盗まれない様に敢えて外部から手を入れにくくしている
と言う工夫をされている為です。

そんな背景も語れる薀蓄満載なシャツ。

深く入ったスリットもいい感じ。

ちなみに私物で弊社齋藤も愛用しております。
一枚でもだいぶ雰囲気がでます。

同じ柄は2着とありません。
是非お早めにお問い合わせ&ご試着しに来て下さい。

ちなみに、ストールも展開しています。


Price:¥9,800+TAX
嵐田

HAVERSACK

渋谷区代官山町
14−5
TEL:03-3477-0521





instagram/haversack.attire.equipment



HAVERSACK福岡店のブログはこちらになります。